ドンキでCBDグミを買ってみたけど値段で損したって話

ドンキホーテでCBDグミを買ってみたけど値段で損したって話

安さの殿堂ドンキホーテ、定期的にセールが行われて更に安くなってもいます。

でもその中にCBDグミが入っているのを見たことはあるでしょうか。

CBDの名がチラホラ出るようにはなったとは言え、まだ日本人の半数以上が知らないはずです。

セール品として出されるのは誰もが欲しがる人気商品・あるいは日用品という場合が多く、なので店頭に置かれているCBDグミがこれ以上安くなることはほぼ無いと思っておいて良いでしょう。

一方で、人気のCBDグミ・プラスウィードの公式サイトに行ってみましょう。

ネット購入ながら送料無料、そちらの心配は不要です。

わざわざパソコンを立ち上げて名前やら住所やら入力して、そんな手間を省くためにも定期コースから申し込みです。

それだけで最大で10パーセントもの割引特典が受けられるのです。

一度購入すればポイントのキャッシュバックが返ってきて、つまり続ければ続けるだけお得に購入することが出来ます。

ドンキホーテで買う方が安いはず、そう信じてしまうのは勿体ないです。

ドンキまで行かなくても自宅に居ながらにして手に入る、つまりそこまでの交通費や費やされるはずの時間だって節約できるわけです。

でもヘンプ由来のCBDグミ、続けていて依存性が出てくるのではと心配されているかもしれませんがコーヒーなんかよりもよっぽど低いです。

とは言え初めから高濃度で摂取してしまうと気分が悪くなることも、まずはドンキで購入して500㎎で試して様子を見てから1000㎎を定期購入でというのがおすすめです。

ドンキのグミなら安全、電子タバコ用CBDリキッドは危険?

ドンキホーテに行くとCBDグミと共にCBDリキッドも売られています。

むしろリキッドタイプの方が数多く取り扱われているくらいで、店舗によってはグミは置かれていないかもしれません。

リキッドはそのまま飲むのではなく電子タバコで気化してその煙を吸い込むのです。   肺から送り込まれたCBDの成分は血液中へと入っていき良い効果をもたらします。

サイズ的にも見た目もタバコそのもの、しかも煙が出てきてという姿に不安を感じる方は多いでしょう。

日本ではタバコが危険だということが徹底的に教育されています。

でもそれはニコチン・タールといった有害な成分が入っているからこそ、出ていく煙にも同じくこれらの成分が含まれているので周りの方にも健康被害を与えるのです。

でもCBDリキッドを気化して出てきた煙はCBDグミを食べるのと同じようにむしろ健康を手に入れるお手伝いをしてくれるものです。

どちらが良いというわけでもなく、好みに合わせて選ぶようにしましょう。

とは言え、それぞれにメリットデメリットはあります。

最近ではスイーツ男子だって現れてお店でパフェを頼むことだって恥ずかしくないと思われる方が大半でしょうが、年配者だと海外製の雰囲気漂うお洒落可愛いグミを買うのが恥ずかしいと思われる方もいるかもしれません。

一方でタバコにしか見えないからこそCBDリキッドだと摂取場所を選ぶのです。

また、肺から直接のリキッドに比べてグミだと経口摂取ゆえに効果が出てくるまでに時間がかかってしまうという欠点は抱えています。

ドンキのCBDは公式店舗がおすすめ?

話題の最前線の品は取り合えずドンキホーテにはあると思っておいて良いでしょう。

もちろんCBDグミだってあり、でもインターネットで探してももちろん見つかるしどちらで買うのが良いのでしょう。

手軽さで言えばもちろんドンキ、とも言い切れません。

だって近くにお店があるという方ばかりではないのです。

それに夜遅くまで開いているとはいえ仕事で疲れて帰りに寄る・お休みの日に行くのだって億劫でしょう。

その点、ネットならば自宅でも仕事の合間の休憩中でもいつでも購入可能です。

忙しい毎日を送る現代人、むしろスマホでササっと注文できる方が手軽と思われるかもしれません。

安さならドンキに軍配が上がるに決まっていると思われる方は多いです。

だってネットだと送料という無駄なお金もかかって、ですがCBDグミでも特に人気の高いプラスウィードの公式サイトを見てみましょう。   なんと送料無料です。

それならどちらで買おうとも金額は一緒、というわけでもありません。

公式サイトだとポイントバックがあるのです。

また定期購入を選べば最大で10パーセントもお得になる、スマホを開いて注文という手間さえも省かれて勝手に無くなる頃になると自宅に届きます。

というわけで、確実に公式サイトの方がおすすめです。

プラスウィードは人気ゆえにドンキホーテにも置かれてありますが、人気だからこそせっかく買いに行ったのに売り切れていたなんてことも多くあるでしょう。

定期購入で売り切れで届かないなんてことはまず無いのです。

ドンキホーテのグミは本当に美味しいの?CBDオイル、CBDワックス、CBDパウダー、CBDペンと比べてみた

CBD製品は様々な形体があり、ただ大きく経口摂取と気化摂取に分けることが出来ます。

わざわざ気化して煙を吸い込んでというのは専用の道具が必要となります。

香りが広がるので周りに匂いの害を与えることに、そもそもタバコを吸っているかのように見られてしまうのでどこででも利用することが難しい、あまり使い勝手が良いとは言えません。

経口摂取と言えばドンキホーテなどでも見かけるCBDグミが身近でしょうか。   ただネットで探せばCBDパウダー・オイルなどもあります。

オイルならばそのまま舌の下に数滴垂らして摂取することも出来ます。

パウダー・オイルを食事や飲み物に混ぜて食べるのもいいでしょう。

実は空腹時よりも食間に取り入れるのが一番吸収率が高くなる経口摂取、この方法なら確実に食間となるし、朝昼晩の食事の際に必ず取り入れるというようにしておけば摂取を忘れることもありません。

おすすめなのですが、ただその香りや味が独特で苦手だという方も多く意外と手軽にとは言い切れません。

リフレッシュするために・ストレスを解消するために摂っているはずのCBD、それなのに毎度毎度苦痛を感じながら摂取しているのならば意味がないのです。

それでは同じく経口摂取のCBDグミはどうでしょう。

こちらを食べてCBDを感じることは無いはずです。   グミを食べている感覚、嫌な匂い・味は気になりません。

それでいてちゃんとCBDとしての効果も得られるのでおすすめなのです。

パウダーのように液体を必要とせず、食事の合間にというのは難しいですがこれを続けてストレスがたまるようなことはありません。

グミを購入するならドンキホーテよりプラスウィードで

CBD製品だけでもパウダーにオイル・リキッド・ワックスと様々あります。

そしてその中のCBDグミだって様々なメーカーからいろいろな種類が出ていて、どれでも同じと適当に買っていたら勿体ない・断然プラスウィードのCBDグミです。

日本は危険薬物の元となるヘンプの栽培さえ禁止されている国、だからこそ同じくヘンプを原材料とするCBDも海外で製造販売している製品を輸入してきてといった場合が多いのです。

ですがプラスウィードは国産、日本の工場で作られています。

安心感は抜群です。

「もしも危険薬物のTHCが入っていたら」なんて不安を感じなくとも良いのです。

世界にはTHCをはじめ様々な禁止物質が入ったCBD製品も多く、健康被害が多数報告されているのです。

プラスウィードは品質の良さと共に効果の高さもおすすめです。

その秘密はフルスペクトラム系だから、CBDだけでなく複数の有効成分が配合されておりより高い健康増進効果が期待されます。

本来であればフルスペクトラム系はいろいろ入っている分どうしてもお高くなりますが、コストパフォーマンスの高さもあります。

安全で健康に良くてしかも安い、逆に安全対策はいまいち・だからこそ健康にするどころか危険な副作用に苦しめられることとなってといった製品を掴んでしまわないためにもCBDはドンキのプラスウィードを選ぶべきです。

厄介なことにそういった製品は劣悪な原材料を使っているからこそ相場よりも安かったりするのです。   安さに惹かれてついつい買ってしまい後悔する方は少なくありません。

 

>>ドンキでCBDグミを買うより値段が安いのはコチラ!