茎・種子から抽出!100種類以上のカンナビノイドが含まれている

茎・種子から抽出!100種類以上のカンナビノイドが含まれている

CBDグミはヘンプ由来の成分が使われています。

ヘンプ=危険なものというわけではありません。

だってCBD以外にヘンプには100種類以上のカンナビノイドが含まれているのです。

取り合えず、茎と種子から抽出されたものであれば100パーセント問題なし・日本の法律にも違反していません。

種子が安全だというのは経験で分かるのでは、七味唐辛子に入っているのは麻の実です。

七味唐辛子を食べてもCBDゆえの効果は得られているのでしょうが、何しろ少量ですから身体への作用もごくわずかでしかないだけです。

危険なのはTHC、こちらはヘンプの葉や根っこ・つぼみから抽出されます。

いわゆるキマる作用が起こるもの、摂取することで精神に悪影響が与えられることから日本では全面的に禁止されています。

摂取することはもちろん、持っているだけでもダメです。

譲渡も、育てることだって違法と若干厳しすぎるほどの処置です。

何しろTHCだって医療の世界で役に立っています。

少量だったらCBDの効果を高めてくれたりも、ですが現在の日本の法律で禁止されている以上は日本国民として従うしかありません。

CBD製品の知名度が徐々に上がってきていますから、いつかは法律が譲歩する時はくるでしょう。

CBDは危険な作用は無し・毒性も低く命に関わってくるような副作用が出てくる心配もありません。

何しろWHOでも安全性が認められているほど、ストレスの緩和や鎮痛作用・食欲増進・中毒症状の緩和と様々な優れた作用を持っています。

THCだと中毒症状が引き起こされるのにCBDはそれを緩和する、同じ植物で全く正反対の作用を持つとは不思議な植物です。

大昔から利用されてきたにも関わらず研究が始まったのは最近のこと、歴史が浅いゆえにまだまだ謎が多い存在なのです。

年齢を重ねる中で様々な不調が起こるのはカンナビノイドが徐々に減少していくから、ストレスによっても減っていきます。

そうするとエンドカンナビノイドシステムが鈍化するわけです。

CBDを摂取することでこのエンドカンナビノイドシステム・身体調整機能が活性化します。

減ったものを補うのは必要なこと、危険かもしれないと避けるのではなくぜひ摂取していただきたいです。

グミタイプだとわざわざ電子タバコのような特別な道具を必要としません。

CBDオイルなども食べるタイプの製品ですが特有の苦みがあり毎日続けるのが苦痛となる場合も、食べやすさといった点でも初心者にお勧めなのです。